乳がんと乳腺良変に関する注意事項と性病検査のすすめ

女性にとって乳がんは、中でもかかりやすいがんの1つです。
病院で検査する機会がない方などは注意事項として乳がんのセルフチェックしてみるとよいかもしれません。
セルフチェックは月に一度定期的に行うのが良いとされています。
注意事項として普段と変わった点に気づくことが重要ですし、乳房と脇にしこりがないかや乳を搾って血液が混じっていないかなどをチェックすると良いでしょう。
こういった注意事項を守っていることで早期発見につながります。
また、より安全な早期発見のためには病院での検査が欠かせません。
定期的にマンモグラフィ検査しておきましょう。
ところで、乳腺良変にもかかわらず乳がんではないかと勘違いしてしまうケースがあります。
乳腺症型線維腺腫や硬化性腺症は、乳がんと非常によく似ていてしこりがあったとしっても乳がんではないという可能性もあります。
こういった乳腺良変はケースとしてはまれですが、乳腺良変か乳がんなのかはやはりきちんと病院での検査をしておきましょう。
また、子宮がんの検査についてもしておいた方がよいでしょう。
初期ではほとんど症状がないため特に子宮頸がんは性病やウィルス感染によるものなので注意が必要です。
性行為の際にコンドームを着用するなども予防になります。
また、子宮がんの検査を受けるときには合わせて性病の検査もしておくと良いかもしれません。
性病の検査は種類によって料金も変わってきますので、必要に応じてとコストとの応相談となるでしょう。
大切なあなたの体ですので、めんどくさがらずにこまめに行いましょう。
そうすることで、日々の生活に支障をきたすことなく少しでも安心して過ごせるように努める必要があるでしょう。